ネットビジネスの競合・ライバルの多さが心配…

とっくんです!

 

今日はネットビジネスに限らず、
自ら何かの「ビジネス」を始めていく際に

・競合の多さ
・ライバルの多さ

というものをどう捉え、どう判断していくべきか。

そんなお話しをテーマにしてみたいと思います。

 

何のビジネスを始めるにしても

誰もが一度はこれを視野に考えることがあると思います。

 

 

ネットビジネスって、

「もう競合が多すぎて稼げないんじゃ…」

「ライバルが多いと私みたいに実績なかったら戦えないんじゃあ…」

みたいに思う人が多いんですけど、

 

では実際にどれくらいの困難なのかを

考えてみるのはどうでしょう?

 

自分の前に立ちはだかる壁が

どれくらい高いのか?

超えられるのか?超えるにはどれくらいの努力が必要なのか?

 

はっきりとさせておけば

ムダな努力をしなくてすむし、

逆に勝てそうなところなのに手をつけないなんてこともありません。

 

 

とっくんの場合:競合の多さ

 

例えば私の場合、基本的には

「情報発信を主体とするビジネス展開」

を推奨しています。

 

現に私はその「情報発信」を

ブログとメルマガで行って、

収益の仕組みをつくっています。

 

 

初心者の人であればツイッターやYoutubeなど、

今は手軽に情報発信を始められるメディアが増えましたので、

 

そういうのを使っていくのも

今の主流ですね。

 

 

 

現にメルマガでも私はそういった

情報発信を主体とするビジネス展開を推奨しているわけですが

 

その「情報発信を行っていく」という段階においても

 

「こういうテーマで情報を発信している人は既にたくさんいる」

 

 

というような観点でその「情報発信テーマ」に悩む人が数多くいます。

 

また同じように「ネットビジネスを始めていく」という際も、

 

「せどりはもう競合だらけで稼げない」

 

「情報商材のアフィリエイトは今からではもう遅い」

 

「ツイッターは今からの後発組には不利過ぎる」

 

 

と言ったように、やはり現状の競合や

ライバルの多さを考慮して二の足を踏んでしまい、

なかなか行動出来ずにいるという人も多くいるものと思います。

 

確かに「競合」や「ライバル」が多い市場やビジネスは、

それだけ「パイ」を奪い合う競争率が高くなりますので

普通に考えれば「稼ぎにくい」という理屈が成り立ちます。

 

 

だからこそ、

“ブルーオーシャン(競合の少ない市場)を狙え!”

みたいな情報も数多く出ているものと思います。

 

まあ、情報商材として出てくる時点で

その市場は既に「ブルーオーシャンでは無い」のですが、

 

多くの人は

 

「競合が少ない市場やビジネスほど稼ぎやすく成功しやすい」

 

と思っている傾向にある事は間違いないと思います。

 

 

ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

 

一見、当たり前に思える事が実は「そうでもない事」というのが

世の中にはたくさんありますので、

一度はその「当たり前の事」を疑ってみる事も必要だと思います。

 

 

そして実はこの「競合・ライバルの多さ」という点は、

 

ビジネスや市場を選ぶ上で、

 

「必ずしも少ない方が稼ぎやすく、成功しやすいとは限らないもの」

 

だと言うのが率直な私の考えであり「結論」でもあります。

 

ではその理由をお話ししていきます。

 

 

 

競合が少ないことのメリット

 

ビジネス戦略の原則に、

『ポジショニング=どこで戦うか?』という戦略原則があります。

 

女子高の男性教師がモテるのと同じ理屈ですが、

周りにライバルがいない状況では勝ちやすいのです。

 

 

 

しかし、多くの人がそれを当たり前のように捉え、

世間一般的に言われている、

 

「競合が少ない市場やビジネスほど稼ぎやすく成功しやすい」

 

という理屈は、実質的に競合が多い市場、ビジネスの

デメリットとなるところだけを捉え、

競合が少ない市場、ビジネスのメリットだけを捉えています。

 

 

・ライバルが多い市場は決められたパイの奪い合いになりやすい

・先行する多くのライバル達に既に市場を制圧されている

・大きな差別化を図らない事には後発組に勝ち目は無い

 

 

このようなものが競合が多い市場、ビジネスの「デメリット」であり、

この逆が「競合の少ない市場のメリット」にあたるものと思います。

 

 

ですがこのような偏った見方をすれば、

“競合が少ない市場、ビジネスの方が有利である”

という結論に至るのは当然の事です。

 

では、逆に競合が多い市場、ビジネスのメリット、

そして競合が少ない市場、ビジネスのデメリットは無いのでしょうか。

 

 

・・・実を言うと、これがいずれも「多いにある」わけです。

 

 

競合の少ない市場のデメリットとは?

 

例えば競合が多い市場というのはそれだけ「市場が大きい」という事であり、

それなりに利益を得ている人が多くない限りは参入者も増えていきません。

 

 

参入者が増え続けているという事はまだまだ稼げる余地があるわけです。

 

そしてそういった参入者が増え続けている市場は、

大抵、先行して参入した人達が多くの「成功事例」を作っています。

 

少なくとも「その市場、ビジネスでは成功出来る事」を証明しているわけです。

 

これだけでも物凄く大きな「メリット」だと思いませんか?

 

 

逆に競合が少ない市場、極論で言えば、

全く競合が無い「ブルーオーシャンな市場」があった場合、

当然その市場には既存の参入者はいません。

 

 

既存の参入者が「いない」という事は、

その市場規模も完全に未知数であり、

その「成功事例」なども皆無という事になります。

 

 

突き詰めて言えばその市場で本当に収支が取れるのか、

成功出来るのかも「わからない」という事であり、

それは言うまでも無く大きな「デメリット」だと思います。

 

 

その先に「成功」が待っているかもわからない道筋を

自らの予見と感覚だけで切り開き、

まさに「道なき道」を突き進んでいかなければならないのですから。

 

 

多くの人は競合が少ない「ブルーオーシャン」という市場を

あたかも「稼ぎやすい市場」のように捉えがちですが

突き詰めたブルーオーシャンにはそういった現実が待っているという事です。

 

 

ブルーオーシャンはただの妄想である

 

それこそネットビジネスで挫折する人の多くの要因は、

先々の成功が見えない事が不安になってしまい、

モチベーションを継続出来ない事にあります。

 

 

そんな「成功者事例がゼロ」の市場で、

その先々に成功が待っているかも分からない道筋を

自らの感覚だけを信じて突き進めるだけのモチベーションが

始めてネットビジネスに足を踏み入れる人達に「ある」のでしょうか。

 

 

あなた自身、そんな市場を自らの感覚だけで切り開いていけますか?

 

私はハッキリ言って「難しい」と思います。

 

今の私であれば、これまでの経験と実績から、

そういった「新たな市場」でもやっていけるかもしれません。

 

ですが右も左も分からない初心者の頃に

そういった成功事例、競合0の

ブルーオーシャン的な市場に参入していたなら

間違いなく途中でモチベーションが続かず挫折していたと思います。

 

 

要するに今回の記事で私が言いたかった事は、

競合、ライバルが多い市場、ビジネスは、

必ずしもそこにデメリットばかりが多いというわけでは無いという事。

 

 

そして競合、ライバルがほぼゼロに等しい

ブルーオーシャン的な市場が必ずしも稼ぎやすく、

成功しやすい市場にあたるわけではないという事です。

 

 

 

超後発組が有利な市場とは

 

むしろ私は確固たる成功事例が豊富にあり、

先行して成功している人達の足跡を辿っていける、

ある程度、確立された市場の方が初心者は稼ぎやすいと思います。

 

 

 

ですので、いざネットビジネスを始める際や

情報発信を始めていこうと思う際、

 

 

競合、ライバルが多いという理由で二の足を踏んで、

それとは逆の市場を求めるのは得策ではありません。

 

 

むしろそのような市場の現状を「メリット」と捉え、

多いにその「成功事例」や「先駆者の足跡」を辿って、

モチベーションを保っていく方が堅実だと思います。

 

 

 

どうすれば成功するのか?すでにわかっているわけですから、

その仕組みを徹底的に学ばせてもらえばいいのです。

 

 

私は

超後発組の中でもかなり遅い方です。

 

私が情報発信を始めた頃には、既に情報発信ビジネスで

圧倒的に実績を出している人がたくさんいました。

 

 

ビジネス系の情報発信でブログやメルマガをやっている人なんて、

私がこれを始める5年、10年前からたくさんいたわけですから。

 

 

 

ただ、そういう成功者や先駆者の人達が目の前にいたからこそ、

私は「このビジネス、市場は稼げる」という確信を持ちながら

 

そういった先行して成功している人達のノウハウをうまく取り入れ、

こうして今のような実績を作る事が出来ています。

 

 

 

競合する事のデメリットよりも「メリット」を取ったわけですね。

 

 

このビジネスで成功している人がいる事は実証されているわけですし、

そのやり方を真似ていくような余地も多いにあります。

 

 

モチベーション面でも戦略的な面でも、

誰も手を出していないような未知のビジネス、市場に手を出すより

遥かに優位な点が多いとは思いませんでしょうか。

 

 

「だから臆する事なくまずは一緒にやってみましょうよ!」

 

というのが今回の記事の結論です(笑)

 

 

私の存在、実績が少しでもあなたの行動の動機、

モチベーションになるなら、その協力は惜しみませんので。

 

 

そんな「情報発信ビジネス」「コンテンツビジネス」を推進しているのが、

私の無料メルマガです。

 

【書籍配布中】銀行員とっくんがたった3か月だけでネット上に自動収益システムをつくった物語


無料ですのでよかったら登録して、毎日読んでみてください。

このビジネスで成果を上げていくために必要なたくさんの事を

しっかりと学んで頂けるはずでので。

 

電子書籍を期間限定で無料で読めます!



私の師匠から受け継いだ、
たった3か月で自動収益の仕組みを構築する方法を公開することにしました。  


このビジネスを取り組むにあたって
才能も人脈もありませんでした。  


もともと極貧だったし、
仕事もトップ層でバリバリこなす方ではありません。


そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
雇われの身では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


そういった理念から、私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから仕組みをつくったのか?
その成功体験をこれまではブログやメルマガに書いてきたのです。  


その記事は多くの人に支持をいただき、
このたび書籍化が決定しました。  


あまりに嬉しかったので、
書籍を期間限定で無料で公開することにしました。


ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。
→出版予定の電子書籍「稼ぐビジネス戦略BOX(仮)」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です