『大学時代しなければならない50のこと』中谷彰宏に学ぶ、好きな事で生きていく”残酷さ”

映画をプロとしてやるということ

 

私の周りには、

映画監督志望の人が二人います。

 

一人はニューヨークで武者修行を積んで、

今は毎日必死に映画脚本を書く練習をしていました。

 

映画ってエンターテイメントだから

のほほんと楽しく好きな事でやっていく印象だったのですが、

 

血のにじむような

こっちが見ていて、本当にそんなにつらいこと毎日繰り返してて大丈夫なの??と心配になるようなあ努力をしています。

かなりガチガチで映画を勉強するんだな~と。

 

 

彼を見ているうちに、

わたしが大学時代に読んだ本の内容が思い出されました。

 

中谷彰宏著:『大学時代にしなければならない50のこと』

 

中谷彰宏著:『大学時代にしなければならない50のこと』

就活アドバイザー、自己啓発家として有名な

中谷氏ですが、

 

学生時代は映画監督を目指し、映画の鬼として没頭していたそうです。

 

 

・映画を1日3本以上、月100本、4年間で4800本見るノルマを自分に課す。

→毎日コンスタントにこれだけ見るとか、かなりきつすぎる・・・

 

・実家の生活費よりも、自分の本を買って勉強する費用のほうが多い

→っていうことは月の本代が軽く10万こえてたってこと!?

 

・大学の授業を最前列でしっかりと理解しながら、

講義中に本を1冊完読していた。

→狂気のマルチタスク・・・やばすぎ。

 

など、驚愕のエピソードが次々と流れています

 

2018年、今の学生にぴったりの

最高にロックな人だと思いますね。

 

早稲田大学のガチな映画の講義とは

 

さて、

この本のなかで、

 

早稲田大学の「映画論」という講義のことが書かれています。

 

多くの学生は、

「映画を見ながら単位がもらえるなら楽勝ジャン!」

と思って受講するのですが、

 

大半が脱落をしていくそうです。

 

なぜか?

 

 

1年間の講義が

 

「映画の誕生」ではじまり、1927年(昭和2年)の映画までで終わりなのです。

さらに、レポートの課題は、

「サイレント映画芸術の完成期における日本映画の特徴について、

同時期の世界の映画と比較して論ぜよ」というもの。

映画専門の学生には非常にタメになる良問ですが、

一般人からすると、面白さのかけらも感じられません。

 

 

単位楽勝~♪と思って受講した学生は、

今ロードショーされている映画が見れるものと思ってきてますから、

たまったものではありません。

 

でも、一生の仕事としてする勉強に楽なものなどないのです。

 

 

映画を勉強する学生に最初に突き付けられる、

 

「好きな事で生きていく残酷な現実」。

 

おちゃらけているように見えて

本気でやる人間しか生き残れないのが

エンターテイナーの世界です。

 

ブログの世界もほぼ同じなんですよね。

 

 

まとめ

 

ブログを収益の道具にしていくということは、

 

メディア運営を仕事にしていくということです。

 

ライバルは他のメディアです。

 

天下のNHK様だったり、

民間テレビ局・・・

アマゾンプライム

アニメ放題

AbemaTV

ニコニコ動画

映画もそうだし、

DVDに、漫画に、

ゲームも・・・

 

 

人々がこれらに割く時間を

なんとか奪ってブログを見る時間にあててもらう戦争です。

 

他のメディアよりも

自分のブログ・メルマガで

時間をつぶしてもらうためには

何ができるのか?

真剣に考えた人だけが勝つ世界です。

 

ライバルはもうあなたの読者を

ブログから引きずり出して

テレビやゲームやようつべに向かわせようとしてますよ・・・

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です