平井堅に気づかされた、人を動かす熱いブログを書く唯一の法則

こんばんは。とっくんです。

 

この記事は深夜に書いて、

翌朝見直してアップロードしてます。

だいたい、どの記事もそんなルーティンです。

 

いつのまにか1週間で20記事書いてました・・・

 

 

今回の記事は、

「最近、自分の情熱がにじみ出る記事が書けない」

「単調な文字の羅列になってしまっている」

という人に向けて、

 

私が現時点でもてるライティング技術の粋を詰め込んだコンテンツを

投下してみることにしました。

 

まずは

この記事を書こうと思った背景から・・・

 

「愛はラブソングに乗せて」

 

実は、

平井堅の「瞳をとじて」にハマっておりまして。

毎日、深夜になると聴きたくなっちゃうんですよね~

 

 

映画『世界の中心で愛をさけぶ』のヒロイン役、長澤まさみ。

彼女が演じた女の子が

死んだあと、残された彼がどう思っているのか、を歌っている曲だと

言われています。(非公式)

 

瞳をとじて君をえがくよ

それだけでいい

 

このネットビジネス業界で成功するためには

失わないといけないものも数多くあります。

 

・自分を縛り付ける古いコミュニティ

・「普通」と呼ばれている常識

・作業時間をつくるために捨てた恋人や趣味

 

眠れない夜に、

そんな失ったものとの過去を思い出させてくれるのが、

「瞳をとじて」なんですね。

 

自分の好きなだったものを

平井堅が歌に込めてくれたおかげで、

 

それを聞いた私も

瞳をとじて、いろんなものが描かれていきます。

 

で、

ここから話は急展開。

 

 

私も

 

そんな平井堅になりたい!

というか、

「瞳をとじて」のようなものをつくりたい!

 

と思ってしまいました。

 

調子乗っちゃって!

 

ミュージシャンは

自分の愛の告白は、曲でやったりしますよね。

平井堅だって、そんな感情を曲に乗せたわけですよ。

 

 

じゃあ、ブロガーは、

ブログで「好き」を発信すべきでは?と。

 

 

「好き」という感情は文章にきちんと乗るんです。

特に初心者ほど技術がないので、

「感情」がダイレクトに文章にのります。

 

だから、新進気鋭のTwitter歴3か月とか、ブログ3か月しかやってないんです~

みたいな

勢いのある大学生が

急に波にのってインフルエンサーになったりするのは、そういうことです。

 

強い感情がそのまま読者に届くんですね。

 

そして、それは

ブログが「好き」という感情です。

 

・文章に熱が入らない

・単調なブログになる

 

っていう人は

自分の感情を見直すべきかなと。・・・ね。

 

衝撃の結末

 

じゃあ、とっくんさんはブログが大好きなんですね!

さすがです。

 

 

うん。

・・・

・・・

・・・

 

、んなわけないじゃん!

 

こんなぶっとんだ変態ぞろいのカオスな業界、

なかなかないよ。

普通の人、いないの!!!??

というか、ブログ界の普通ってなんだ!?

 

それに、ブログで

ここまでくるのに、

血のにじむような努力をしてるし、

今もしてるし、

 

ブログなんて、ブログなんて。

 

 

私はただ自分が好きなだけ。

 

 

結論:ブログでは「好き」を発信する

 

ここまで読んできた読者の方はお気づきだろうか?

 

私は、ただ一言。

「好きな事をブログで発信すべき」

という当たり前すぎることを

言いたかったにすぎないのだ。

 

こんな当たり前のことを

書かないといけないくらい、

ネタが思いつかなかったなんて・・・

(なあパトラッシュ、

バイクの練習がきつすぎて、

もう眠いんだ・・・)

 

 

このブログを読んで、

とっくんってこんなクソなブログ記事も

書くことあるんだ~と

思ってくれたら幸いだ。

 

え??

 

まさかこんな感想送ってきたりしないよな?

 

「ブログでは好きなことを発信すべきなんですね!

改めてその重要性に気づくことができました!」

 

だから、当たり前なんだって!

これで感心してたらやばいんだって。

 

 

ちなみに、

 

「とっくんさんの捨ててきたものを

詳しくしりたいです」

という要望にはいくらでもお答えします。

 

 

まとめ

 

すべてのビジネスに共通する

成功法則に気づかせてやろうか?

 

常に自分に問いかけなさい。

 

「そこに愛はあるのかい?」

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です