ユニークな記事が書けない人へ『すべての知識はウンコである』

※この記事を読むことで、

自分独自のコンテンツを書けるヒントを得ることができます。

 

ブログをつくっていくときのスタンス

 

実はこのブログでは、

書籍や

他の人のブログ記事、

情報商材などのレビューをしていきたいと

思っているんですね。

 

 

「普通」という概念が完全に崩壊しているこのネット世界。

 

あらゆる情報にまどわされて、

結局、なにも行動できずじまい、

こんな面白いネット上でなにもできずに終わっていく人が

たくさんいます。

 

そんな人たちを救うには?

 

いろんな情報を

私のもっている1本の軸でまとめてしまって、

 

わかりやすく紹介するべきだ!と。

 

そこらへんのレビューサイトや感想まとめサイトは、

アドセンス報酬稼ぎや

アフィリエイトリンクをクリックさせるための

 

金稼ぎしか考えていないクソサイトです。

 

 

 

彼らにあって私にあるもの、とは何か?

 

「読者に判断の軸を提供すること。」

 

わかりやすく言うと、

 

「とっくんのブログやメルマガを読んでくれた人に対して、

世の中にはびこるあらゆるガセや有益っぽい情報の大群を

ばっさばっさと斬りまくって、

 

自分に有益な情報だけをとってこれるための

武器と防具を渡していくことなのです。」

「思考」という武器を。

 

自分独自の記事を書こう!

 

そして、

その武器を渡すためには、

 

自分独自のブログ記事を更新していくことがマストになってきます。

 

なぜなら、

どこかで見たことあるような

どうでもいい量産記事に惹かれる人はいないわけです。

 

アクセスは稼げても、

あなたのファンになって何か行動を起こそうとは思いません。

 

では、どうやったら

あなた独自の記事、ユニークといわれる記事が書けるのでしょうか?

 

 

ユニークな記事を書くマインドとは?

 

「すべての知識はうんこである」

 

これがすべてのコツです。

 

あなたのブログに書いていくのは、

 

これまであなたが頭に入れてきた情報や

体験してきて記憶に残っている経験です。

それらが一番のコンテンツです。

それを混ぜ合わせて出していく。

いわば、情報のうんこ。

 

 

それらを有益な情報、読者の興味のある情報と

組み合わせて書いていきます。

 

 

やるべきことはこれだけなんです。

 

あなたに「コンビニバイトの経験」があるなら、

コンビニバイトしか知らない知識はたくさんあります。

 

 

・どんなお客さんを「常連」として記憶するのか?頻度は?どんなキャラが印象的?

・コンビニ店員はナンパされやすい!?連絡先を渡される頻度。

・弁当の仕入れタイミング、廃棄をするタイミング

・廃棄を持って帰るのは犯罪だということ

・バイト中に雑誌を立ち読みしてもいいのか?

・バイトでもノルマがあるってほんと?

 

私のほんのちょっとのバイト経験でも

これだけの経験を見たり、人に聴いたりしています。

 

これと組み合わせるのが、

「転職系ブログで、ブラック企業について知りたい読者がいる」なら、

 

・バイトにもノルマを課すブラック企業の実態とは?

 

「自己ブランディングについて記事を書く」なら、

 

・コンビニ店員がついつい覚えてしまうお客さんの特徴を

Twitterのプロフィールに応用してみた。

 

などなど。

 

「自分の経験」×「読者の需要」が重なるところ、

 

これがユニークな記事になっていきます。

 

 

 

あとは、

「え?そこ?」っていう記事。

 

例えば、

大人気少女漫画「俺様ティーチャー」に学ぶブログで使いたいキラーワード3選

 

「恋愛本のレビューのはずなのに、ブログビジネスの視点。え?そこ?」

みたいな。

 

これも、

「自分の経験(少女漫画を読んだ)」×「需要(ブログで使えるキラーワード)」

 

など。

 

 

まとめ

 

あんまりうんこ関係なかった・・・

 

ただ、使いたかっただけ。

 

それにしても、

少女漫画読んだ経験も、

バイトの経験も、

すべての経験がコンテンツになっていく可能性を秘めているって、

 

なんかすごい、人生をおおまじめに生きてやろう!

目の間におこることすべて味わい尽くしてやろう!

って思いませんか?

 

それこそがホリエモンの言う

「今を生きろ!」というメッセージの真髄だとおもうんです。

 

 

 

最近おすすめなのは、

ハリウッド映画。

 

ハリウッドは世界最高峰のストーリーが詰まっているので、

どうやったら面白いコンテンツを生み出せるか?

を学べます。

 

私もハリウッドのストーリーをマネて

メルマガを構築したりしていますので。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です