苫米地英人『就活の極意』レビュー書評/

苫米地英人『就活の極意』

 

とっくんです。

 

この記事は、

 

就活中の人、仕事で悩んでいる人、

転職・独立で悩んでいる人。

 

こういった人の視野を広くして

冷静な判断ができるようになってもらいたいと思って書いています。

 

 

苫米地英人さんは自己啓発業界ではほとんどお馴染みの人ですが、

一応紹介します。

 

日本の認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)兼Cylabフェロー。株式会社ドクター苫米地ワークス代表。コグニティブリサーチラボ株式会社CEO。角川春樹事務所顧問。中国南開大学客座教授。米国公益法人The Better World Foundation日本代表。米国教育機関TPIジャパン日本代表。天台宗ハワイ別院国際部長。聖マウリツィオ・ラザロ騎士団大十字騎士[1]。株式会社サイゾーオーナー。

 

いろんな経歴が並んでますが、

「脳科学者」

と認識しておけば、とりあえず周りの人に取り残されることはないでしょう。

 

 

「とりあえず大企業」至上主義が効率的

 

苫米地英人さんの論説のほとんどは

 

この世には強者が弱者の意識を洗脳する「支配」が満ち溢れている。

テレビにはネガティブなニュースが流れ、人々を悲観的にさせ、

権力者が支配しやすい脳みそに変化させている。

企業が従業員の労働力を搾取するために、国は税金を払ってもらうために

「会社で働かないのは悪だ」「ニートは国民として恥だ」というイメージを宣伝する。

人々はこれに気づいて本当にいきたい人生を選ぶべき。

本当にやりたいことはなんだ!?

そのために必要な知識と思考法を伝授する。

 

 

という流れになっていることが多いです。

 

当然、彼の就職本ですから、

就職について否定的な解説をするのかと思いきや、

 

就職はとりあえずしとけ!

まずは社会にでて働け!

 

という主張が冒頭から並びます。

 

そして、何よりも

「やりたいことがないなら、とりあえず大企業を受けろ」

 

ということを断言しています。

 

「なんで??

大企業の歯車になっていいの?」

 

私も最初にこの本を読んだのは

大学3年生の就活をはじめたときだったので、

 

衝撃を受けました。

 

 

いつでも自由に自分の道は選べる

 

苫米地英人さんいわく、

 

やりたくない人は

「大企業」か「銀行」に行くべきだ、と。

 

大企業は、業務の幅が広くいろんな領域の仕事をしている。

だから、

3年間はお金をもらいながら、

自分の好きなことを探す時間にあてるべきだ!と。

 

銀行に関しては大きい・小さい関係なく

どこでもいいらしいのです。

みずほに入ろうが、十八銀行に入ろうが、

規模の違いはありません。

銀行は、その地域にあるほとんどの業種の会社を

担当することができるからです。

 

この2つであれば、

本当に難しくありません。

今は人手不足の時代ですので。

 

 

ちなみに

私はそれを実践して、「銀行」にいます。

 

2017年~2019年は本当に銀行業界にはいりやすい時代で

西日本有数の大銀行・Yなども

4年生の12月くらいまで募集をかけていました。

 

今後も銀行業界は不況が続きますから、

この傾向は続くでしょう。

 

うちは地方の本当にマイナーな銀行なのですが、

それでも地域のほとんどの業種を見て回っています。

 

八百屋、魚屋さんから、

IT企業、不動産、病院、美容院、

 

いろんな業界を見て回れています。

 

苫米地英人戦略、大成功という感じです。

 

今はやりたいことがおかげで見つかっています。

それは「自分を生きたい」という生き方の軸です。

 

自分のやりたいことは「自分を生きることだ」っていう、

当たり前のことをできていなかった。

 

多くの起業家、過去の成功者、いろんな業界のリーダーに合ってきて、

それが一番の答えだとわかりました。

 

ここらへんは、短い文章じゃ伝えられないので、

また別の記事でお話しします。

 

しかし転職独立にいるエネルギーは半端ない

 

苫米地英人さんに補足するなら、

 

凡人がなにか方向転換をするのは

めちゃくちゃ難しいということ。

 

3年で会社を転職すればいいや~と

思っていたとしても、

実際に入ってしまった後は、

なかなか思い通りにはいきません。

 

「辞めない方がいいよ」という世間、上司、友達。

自分でも3年間もいた会社に愛着をもってしまう。

ある程度、仕事に慣れて楽しさもわかってきたらなおさら。

 

頑張るまじめな人ほど、

今の会社に無意識のうちに依存してしまいます。

 

本当に怖いのは、

この仕事がないと他では収入を得られない・・・という金銭的な依存ではなく、

嫌な事もあるけど、この会社ってなんとなく自分に合ってるかも。という精神的な依存。

 

何があっても後悔しない、強い意志。

 

これらを振り切るエネルギーが必要です。

 

言葉でいうのは本当に簡単で、

実際に体験してみないとわかりません。

 

実際に体験してみて平気だった人は

ただの超人ですので、一般人と同じにしないでください。

 

 

一番感動したのは「日本株式会社論」

 

あとがきで、

「日本株式会社論」という話が出てきます。

世界ホールディングスの子会社:日本株式会社。というのが的確かもしれませんが、

 

 

社会人になるということは

日本株式会社に就職するということです。

 

社長になるのであれ、

フリーランスであれ、

会社員も公務員も

 

みんな社員です。

 

配属は、神様が考えるか自分で考えます。

 

会計部門には、

みずほ課、三菱UFJ課などがあります。

 

建設部門には

清水課、安成工課。

小さい課から大きい課までいっぱいあります。

それぞれの課長が

いわゆる「代表取締役社長」です。

 

ネットビジネスで稼ぐ社長は

IT部門の特別課で働きます。

それぞれが課長です。

 

どこの課に就職していったとしても、

結局、日本という国民の幸せを増やしていくために働く社員です。

 

どこに就職したとしても

お金をかせぐ限り、「世に価値を提供している」ということですし、

それは人のためになっているということです。

 

私はこれを聞いた時に、

 

「ああ、結局、どこに就職したとしても

自分はなんらかの形で人の役にたっているんだ~」と思い、

ちょっと楽な気持ちになりました。

 

 

稼げる仕事と世間体のいい仕事のどちらかしか選べない

 

こちらの↓記事でも書きました。

【残酷注意】体育会系女子が就職する会社を判断するたった1つの軸のつくりかた

2018.09.17

 

世の中には

世間体のいい仕事と、稼げる仕事の2タイプがあります。

 

世間体がいい仕事は

時給や精神の消耗ベースで考えた時に

あまり稼げません。

 

本当に稼げる仕事は

怪しいか泥臭いか知名度が低いか、

とにかくイメージが劣ります。

 

外資系コンサルは

朝の9時にきて、朝の5時に帰る「9時5時」です。

ワークライフバランスどころか

ワークワークワークの日々です。

時給も精神も持ちません。

 

本当に稼げる仕事は

人気がないからこそ稼げるようになります。

 

ホスト、トラック運転手、初期のネットビジネス

 

どれも

イメージは悪いです。

親戚に言いづらいです。

 

しかし、

あっさりと同級生の給料の数倍以上稼ぎだします。

 

自動車学校や

マテリアル系(ガラスなどの素材)も

ニッチなので、

どの県でも稼いでいる実力者がゴロゴロいます。

 

では、どっちを選ぶのか?

 

 

私のおすすめはありません。

 

最初に銀行に就職して、世間体を手に入れ、

そのあと、副業でネットビジネスで稼ぎまくってもいいです。

 

 

最初から世間体を捨ててネットで起業して、

そのあとで大企業とも対等に交渉できる規模にまで成長させたり、

 

リアルビジネスに踏み出してもいいです。

 

 

 

電子書籍を期間限定で無料で読めます!



私の師匠から受け継いだ、
たった3か月で自動収益の仕組みを構築する方法を公開することにしました。  


このビジネスを取り組むにあたって
才能も人脈もありませんでした。  


もともと極貧だったし、
仕事もトップ層でバリバリこなす方ではありません。


そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
雇われの身では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


そういった理念から、私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから仕組みをつくったのか?
その成功体験をこれまではブログやメルマガに書いてきたのです。  


その記事は多くの人に支持をいただき、
このたび書籍化が決定しました。  


あまりに嬉しかったので、
書籍を期間限定で無料で公開することにしました。


ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。
→出版予定の電子書籍「稼ぐビジネス戦略BOX(仮)」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です