『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一)を世界1自己中心的にレビューしてみた

『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一)レビュー感想

 

とっくんです!

 

突然ですが、

私は織田信長が大好きです。

 

なぜなら、織田信長は

私の大好きな『10年後の仕事図鑑』という本を紹介するのに、

うってつけの偉人なのです。

 

 

※この記事は、

10年後の仕事図鑑のエッセンスを

誰よりもユニークに語った記事です。

 

起業して生きていきたい!と思っている人へ、

本当に10年単位で見てその決断でいいのか?

を改めて考えてもらいたいと思って書きました。

 

織田信長と私の時代

 

 

織田信長はこのように生きたのです。

 

実は、450年前の”不確実な世の生き方”が

現代版になったともいえるのが、

『10年後の仕事図鑑』なのです。

 

不確実な時代の生き方

 

10年後の仕事図鑑には、

●AIにポジションを取られる前に。動くのは、今だ
AI(人工知能)、仮想通貨、lLIFESHIFT、ホワイトカラーの終焉……。
10年後どころから5年先すら予期できない今、今の仕事、会社、社会、キャリアはどうなるのか。
今世界で最も注目される日本人研究者落合陽一氏と、圧倒的な行動力で時代の最先端を走り続ける堀江貴文氏が、
お金、職業、仕事、会社、学校など、今考えられる新たな社会の姿を余すところなく語ります。

●イラスト入りで、50近くの職業の未来を分析
AIでなくなる職業が話題になりましたが、本書では、「消える職業」「生まれる職業」など含め、50近くの職業の未来を紹介。
視覚的にも見やすいので、将来を考える10代の方から、自分の仕事で次の一手を探したい方まで幅広く読んでいただけます。

●希望か絶望か! ? すべて自分次第で決められる
今後、今のようなかたちの仕事や会社はなくなるかもしれないが、それを希望とみるか、絶望とみるかは、すべて自分次第。
新たな世界で、自分なりのポジションをとっていくための生き方のヒントも収録しています。

●主な内容
・激動の時代を生きるあなたに伝えたいこと
・経営者すら職を奪われる時代
・総エージェント化する個人
・湯婆婆に名前を奪われるな
・センター試験は無駄
・ロボットがロボットを印刷する
・AIの社会は古代ローマ
・名将にAI監督が勝つ時代
・ウサイン・ボルトを見習え
・交換可能な価値の缶詰をつくる
・波を待つな、自ら波を起こせ
・食べていくための安い仕事にしがみつくな

 

という内容が書いてあります。

この本の内容は

織田信長の業績と一致しているのです。

 

なんと、

450年前の成功者は

2020年以降の世界を生き抜く原則をも発見していたのです。

 

というよりも、「歴史は繰り返す」ので、

織田信長の時代と今の時代はリンクしているんでしょう。

 

本の内容に沿って、

その原則を紹介していきましょう。

 

織田信長はバカを追求した

 

織田信長といえば、「うつけ」というイメージがありますよね。

 

「うつけ」というのは、

バカ、アホ、常識知らず、という意味。

 

父親の葬式で焼香をぶちまけたり、

奇抜な恰好をしたり、

 

当時の人たちの度肝を抜いていました。

 

彼は、世の中の常識を

無条件に信じることをせず、

あくまで非常識を貫きました。

 

戦国の世を生きていくには、

自分がだれよりも実力が上でなければならない。

そのためには、

誰もがやることができるだけではいけない。

誰もできないことをやってのけよう。

 

彼のこの精神は

最初は、「ただのうつけ」にしか思われませんでした。

 

しかし、

徐々に実績が伴ってきて、

世界で最初に実用的な鉄の装甲の船をつくったり、

世界に先駆けて鉄砲戦術を極めたり、

 

こうなると、

人々は織田信長のすごさを認め出します、

 

しかし、信長をマネできる人はだれもいません。

彼ほど「うつけ」を追求できた人がいなかったからです。

 

鉄鋼船と、

ホリエモンや前澤社長の宇宙ロケットが

重なって見えるのは私だけでしょうか?

 

まとめ

 

織田信長とホリエモン、

 

観察していると成功者の共通点などを

つかむことができます。

 

ということで、

書評でない書評でした。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です