本当にブログで稼げるのか?という疑問に対する現役銀行員からの本質的な回答

本当にブログで稼げるのか?

 

ブログを2週間やっていると、どうしても

「このブログで稼げるのか??」

 

という疑問がでて不安になる人も多いと思うんです。

 

その疑問に対する答えをいろんな人に聞くのですが、

 

その場ではなんとなく耳障りのいいような言葉で

返答をもらってやる気が出るものの、

 

また2日もすれば、

不安になって、

「本当にそれでいいんだろうか?」

という気持ちになります。

 

こういう人には

一度、本質的に

「ブログは稼げるのか?」

ということを知っておく必要があります。

 

今回は、

ブログは稼げるのか?という疑問に

銀行員の常識から回答していきましょう。

 

銀行員にお金を貸してもらえる事業か?

 

そもそも、ブログはメディアです。

 

ブログ業をやっている社長というのは、

銀行員からは、

「メディア業を個人でやっている人」というように見られます。

 

・個人の出版会社。

・フリーの記者

・YOUTUBER

 

こういう業界の人が

事業のためにお金を借りるのは

ほぼ絶望的に不可能です。

 

銀行員は事業として成り立つのか、成り立たないのかを

ものすごくドライに見ます。

 

起業する人の持っている経営資源、

開業するマーケット、

会計的なところまでを詳細に検討し、

 

どんなに田舎のゆるい銀行でも

稼げるか、稼げないかを

ビシバシと判断して、

事業計画書を厳密につくりあげていきます。

 

銀行員は徹底的にドライ

 

とはいえ銀行員って、

 

自分の担当のお客さん・社長には

ものすごい熱心に対応する生き物です。

 

しかし、同時に、

ものすごいドライなんですね。

 

将来的にうまくいかないだろ~と思った先には

徹底的に×をつけていきます。

 

どれだけお客さんが熱意をもって語ったとしても、

「その事業では貸せません」の一言で終了です。

 

そうした現場が実際にあるのが実情です。

 

銀行員が貸せない=事業として稼げない?

 

話がそれましたが、

 

結局、銀行員から見て

ブログビジネスは、社会的に認知されているよほど人気メディア出ない限り、

「貸せない」と判断することになります。

 

銀行員が「貸せない」ということは、

 

今後、「お金を返してくれない」会社であり、

 

ブログ業は「稼げない」という結論になります。

 

ブログ業は稼げません!

 

・・・と、ここまでが常識論です。

 

ブログが稼げるかどうか、

私は銀行員ですが、

 

独自の分析の結果、

 

ブログは稼げると判断しました。

こちらのブログで書いているとおりです。

 

だからといって、

組織としてお金を貸せるかと言われると、

それは銀行の体質的に無理だと思うのですが、

 

しかし、稼げるのは事実です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です