本当にブログで稼げるのか?という疑問に対する現役銀行員からの本質的な回答

本当にブログで稼げるのか?

 

ブログを2週間やっていると、どうしても

「このブログで稼げるのか??」

 

という疑問がでて不安になる人も多いと思うんです。

 

その疑問に対する答えをいろんな人に聞くのですが、

 

その場ではなんとなく耳障りのいいような言葉で

返答をもらってやる気が出るものの、

 

また2日もすれば、

不安になって、

「本当にそれでいいんだろうか?」

という気持ちになります。

 

こういう人には

一度、本質的に

「ブログは稼げるのか?」

ということを知っておく必要があります。

 

今回は、

ブログは稼げるのか?という疑問に

銀行員の常識から回答していきましょう。

 

銀行員にお金を貸してもらえる事業か?

 

そもそも、ブログはメディアです。

 

ブログ業をやっている社長というのは、

銀行員からは、

「メディア業を個人でやっている人」というように見られます。

 

・個人の出版会社。

・フリーの記者

・YOUTUBER

 

こういう業界の人が

事業のためにお金を借りるのは

ほぼ絶望的に不可能です。

 

銀行員は事業として成り立つのか、成り立たないのかを

ものすごくドライに見ます。

 

起業する人の持っている経営資源、

開業するマーケット、

会計的なところまでを詳細に検討し、

 

どんなに田舎のゆるい銀行でも

稼げるか、稼げないかを

ビシバシと判断して、

事業計画書を厳密につくりあげていきます。

 

銀行員は徹底的にドライ

 

とはいえ銀行員って、

 

自分の担当のお客さん・社長には

ものすごい熱心に対応する生き物です。

 

しかし、同時に、

ものすごいドライなんですね。

 

将来的にうまくいかないだろ~と思った先には

徹底的に×をつけていきます。

 

どれだけお客さんが熱意をもって語ったとしても、

「その事業では貸せません」の一言で終了です。

 

そうした現場が実際にあるのが実情です。

 

銀行員が貸せない=事業として稼げない?

 

話がそれましたが、

 

結局、銀行員から見て

ブログビジネスは、社会的に認知されているよほど人気メディア出ない限り、

「貸せない」と判断することになります。

 

銀行員が「貸せない」ということは、

 

今後、「お金を返してくれない」会社であり、

 

ブログ業は「稼げない」という結論になります。

 

ブログ業は稼げません!

 

・・・と、ここまでが常識論です。

 

ブログが稼げるかどうか、

私は銀行員ですが、

 

独自の分析の結果、

 

ブログは稼げると判断しました。

こちらのブログで書いているとおりです。

 

だからといって、

組織としてお金を貸せるかと言われると、

それは銀行の体質的に無理だと思うのですが、

 

しかし、稼げるのは事実です。

 

 

電子書籍を期間限定で無料で読めます!



私の師匠から受け継いだ、
たった3か月で自動収益の仕組みを構築する方法を公開することにしました。  


このビジネスを取り組むにあたって
才能も人脈もありませんでした。  


もともと極貧だったし、
仕事もトップ層でバリバリこなす方ではありません。


そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
雇われの身では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


そういった理念から、私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから仕組みをつくったのか?
その成功体験をこれまではブログやメルマガに書いてきたのです。  


その記事は多くの人に支持をいただき、
このたび書籍化が決定しました。  


あまりに嬉しかったので、
書籍を期間限定で無料で公開することにしました。


ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。
→出版予定の電子書籍「稼ぐビジネス戦略BOX(仮)」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です