『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(佐藤航陽)要約・感想・レビュー

お金2.0 要約

 

著者:佐藤航陽とは?

 

著者の佐藤さんは、まだ早稲田大学の学生だったときに

オンライン決済事業や、有名人の時間を取引できる「タイムバンク」など、

他分野にわたる事業で活躍していた人です。

 

フォーブス「日本を救う起業家ベスト10」、

AERA「日本を突破する100人」、

30歳未満のアジアを代表する30人「Under 30 Asia」などに選出されていることからも、

 

その類まれなる才能が伺えます。

 

 

お金の正体とは?

 

昔の人々は物々交換の不便さを克服するために

「価値のやり取りを仲介するもの」としてお金をつくりました。

お金には、価値の保存・尺度・交換があります。

 

つまり、なにかモノやサービスが欲しくなったときには

私たちはすぐにお金と交換することができますよね?

 

ここまでが現代までの経済システムでした。

しかし、

佐藤さんは、

今後はテクノロジーの進化によってお金の価値は下がっていくと予測しています。

 

これまでは国家がお金をつくっていましたが、

ブロックチェーンなどの技術の発達で、個人や企業も独自の通貨を発行して

独自の経済圏を作り出すことが可能になっているからです。

 

・国家でなくても経済システムをつくれる

ということです。

 

いきなり経済システムって言っても何なの?

となりますよね。

 

たとえば、佐藤さんがつくりだした独自の経済システムのひとつ「タイムバンク」。

これらはモノやサービスを佐藤さんがつくって売るのではなく、

「時間売買」という独自の経済システムをつくって成功させています。

 

これからの時代に求められる経営者像とは?

 

それは、

「独自の経済システムをつくるプロ」であることです。

 

どのように独自の経済圏を構築して運用していくかが、

今後の世界を生きていく人々の課題となるのです。

 

あらゆる「価値」の最大化を目指そう

 

では、独自の経済圏に価値をもたせるにはどうすればよいのでしょうか?

 

筆者は「価値3要素」をまとめています。

 

①有効性としての価値

「役に立つか?」という視点で考える価値です。

経営、会計、金融、経済など、

資本主義において「儲かるかどうか」を判断するときに使います。

 

これまでは、①の有用性のある「金融資産」を増やした人が成功者でした。

 

しかし、以下の2つを含めた、3つのバランスをとった経営でなければ

これからの経済では生き残れないと佐藤さんはかたります。

 

⓶内面的な価値

実生活には役に立たないが、

個人の内面にポジティブな効果を及ぼすもの。

→愛情、共感、興奮、好意、信頼など。

 

③社会的な価値

社会全体の持続性を高めるもの。

→慈善活動、NPO

 

これまでは、「お金を生む=価値提供」が常識でした。

 

しかし、「お金にならないけど価値がある」と思われていたものが重要性を増してきます。

なぜなら、お金を価値の中心にしたこれまでの経済システムは力を弱め、

 

独自の経済システムが「内面的な価値」「社会的な価値」を掲げて、

勢力を拡大してくるからです。

 

お金は、「価値を媒介するひとつの選択肢」にすぎないのです。

 

だからこそ、

今後の生存戦略として、私たちはあらゆる「価値」を最大化しておく必要があります。

 

3つの価値のうち1つを極めるのではなく、

あらゆる価値を最大化しておけば、その価値はいつでもお金に変換することができ、

お金以外のものにも交換できるようになります。

 

そのためにすべての経済プレーヤーが目指すべきは、

独自の経済圏を築くことです。

 

テクノロジーが変えるお金のカタチ

 

では、独自の経済システムとはいったいどのようなものなのでしょうか?

 

例をいくつか挙げておきましょう。

 

◆共有経済

UBERの配車シェアサービス。

 

◆トークンエコノミー

仮想通貨、ブロックチェーンなど

 

◆評価経済

これが一番わかりやすい。

⓶と③に特化しているモデル。

インフルエンサー、YOUTUBERなどがこれの成功者です。

 

これら3つに共通するのは、

「分散化」と「自動化」です。

 

実は、「分散化」「自動化」こそが独自の経済システムをつくるための

キーワードになります。

 

「分散化」・・・中央集権ではなくなってくる流れ。

・ブロックチェーン技術によって、通貨を国を通さずに管理できるようになった。

・テレビ・新聞メディアの権威メディアに対して、ブログ、ユーチューブなどの個人・企業メディアが影響力をもつようになった。

・ウーバーの配車サービスもユーザー間のネットワークによって成り立っている。

 

 

でも、分散化しただけでは、

新しく管理をする人が必要になって、

結局、中央集権に戻ってしまうのでは?

 

そこで、「自動化」です。

ビッグデータとAI技術によって、

しっかりとした管理人がいなくても

システム自体が自動的にコミュニティを回してくれるようになります。

 

そうすることで、

独自の経済圏はユニークな独自性を保ち続けられるのです。

 

以上、

「分散化」「自動化」という概念は、

既存のビジネスモデルを覆す可能性を秘めています。

 

無人コンビニや、無人のヘッジファンドなどはその例です。

 

どのように稼ぐか?ではなく、

どのような経済圏をつくって回していくか?というノウハウこそが真に重要になってくるのです。

 

 

「お金」から解放される生き方とは?

 

お金は価値を失いつつある・・・

といっても、

お金がないと何もできない!

そう思いますよね?

お金なんていらない、なんてキレイごとですよね?

 

就職なども

自分のやりたいことよりも

安定していて世間体のいいものに惹かれていく大学生がいっぱいいます。

 

このながれは、

戦後ずっと続いてきたもので簡単に否定できるものではありません。

 

しかし、佐藤さんはあえて言います。

お金の相対的な価値が下がっていく中では、他人に伝えられるほどの熱量をもって取り組めることを探すべきだと。

 

その人でなければならない、この人だからこそできる、といった独自性がそのまま価値に繋がりやすくなっているからです。

 

私にはいきつけのおでん屋さんがあるのですが、

その店主の創業時の話から、メニューのうつりかわり、

客足が少ないときの苦労、従業員一人一人のキャラなどなど、

 

いろんなストーリーを知っていくなかで、

このおでん屋さんが代替のできない価値をもつようになっていきました。

まさにこの店主でしかできない経営があったのです。

 

自分が「熱中できるもの」に取り組み、

価値を感じてくれる人が現れれば、「お金」から解放された生き方を手に入れられる、と佐藤さんは語っています。

 

「熱中できるもの」のみつけかた

 

では、どうすれば熱中できるものを見つけられるのか?

 

佐藤さんは、

「1日中やっていても苦痛ではないこと」を探すのがよい」と言います。

 

私の場合は、ブログと読書でした。

 

一日中本屋で立ち読みをすることは

極上の喜びでしたし、

 

ブログを書き続けるのも楽しくて仕方がありません。

 

しかし、人に言われるまでは気付かなかったんです。

 

あるとき親に

「なんでそんなことが一日中できるのか?」

と不思議がられたのが

読書とブログでした。

 

一度立ち止まって、自分のやりたいこと・楽しいと思うものについて

客観的に見直してみるのがいいのかもしれません。

 

これからの未来はどうなるのか?

 

要約の最後に、

本書で書かれている「人類の未来」をざっと書いていきます。

 

◆大半の労働は機械によって自動化され、お金や労働から解放される

 

◆新しい国家の形 ①エストニアのような先進的な国が、アメリカや中国とは全く異なる形でもう一つのグローバルスタンダードをつくる未来 ②グローバル巨大IT企業が、新たなテクノロジーを活用して実質的には国家のような役割を担い始める未来 ③まったく無名の共同体がバーチャル国家として名乗りを上げて、新しいモデルを作る未来

 

◆宗教の影響力も高まる。経済と宗教の境界線も消えていく。株式会社は理念を掲げて社会的な価値をより追求し、宗教は内面的な価値を取り込み経済を形成していく=やることが似てる

 

◆お金は単なる「道具」。ツールとして深く理解することで、新しい経済をうまく乗りこなし、やりたいことが実現できる

 

『お金2.0』感想

 

ソーシャルビジネスの可能性

 

今、全国で

「町おこし」「ソーシャルビジネス」などが盛んに叫ばれています。

 

私自身も町おこしインフルエンサーとしての顔も持ちますが、

 

ソーシャルといえど、

事業として回していくには

どうしてもビジネス色を強くして、ときには稼ぐためにタテマエとはずれた行動を起こさざるを得ないときもあります。

 

しかし、本書ではその点の心配がこれからなくなると言っています。

社会的に価値のある取り組みは利益を出しやすくなってきている一方で、利潤のみを徹底的に追求する事業は短期的な利益を求めすぎて消費者に避けられてしまうか、過剰競争に巻き込まれて長期的には収益を出しにくくなっているような気がします。数十年後には「営利」と「非営利」という区別はなくなっており、活動は全て「価値」という視点から捉えられるようになっているでしょう。

 

それもこれも「自動化」「分散化」が進んだからです。

 

今を稼ぎつつ、未来に備えて独自の経済圏の構築。

 

これが理想の戦略であると言えます。

 

自分の価値を高めておけば何とでもなる

 

ここでパワーワードを紹介します。

 

価値主義の世界では就職や転職に対する考え方も大きく変わってきます。ざっくり言ってしまうと、この先は「自分の価値を高めておけば何とでもなる」世界が実現しつつあるからです。

 

すごいワクワクする世界ですよね?

「好きなことを仕事に」という言葉はうさんくさいですが、

それを論理的に解き明かしているのが本書なのです。

 

電子書籍を期間限定で無料で読めます!



私の師匠から受け継いだ、
たった3か月で自動収益の仕組みを構築する方法を公開することにしました。  


このビジネスを取り組むにあたって
才能も人脈もありませんでした。  


もともと極貧だったし、
仕事もトップ層でバリバリこなす方ではありません。


そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
雇われの身では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


そういった理念から、私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから仕組みをつくったのか?
その成功体験をこれまではブログやメルマガに書いてきたのです。  


その記事は多くの人に支持をいただき、
このたび書籍化が決定しました。  


あまりに嬉しかったので、
書籍を期間限定で無料で公開することにしました。


ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。
→出版予定の電子書籍「稼ぐビジネス戦略BOX(仮)」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です