• あああ Uncategorized
    銀行員とっくんがたった3か月で構築した自動収益の仕組みとは?
    9月 11, 2018
  • Uncategorized
    ブログの書籍化決定!狂喜のイベントを開催します!
    9月 17, 2018

「be supposed to~」という英語表現をご存知でしょうか?

高校のときに見たことはあったけど

意味までは覚えてないという人が多いと思います。

この記事では「be supposed to~」について解説します。

 

「be supposed to~」

 

皆さんは「be supposed to~」の意味をご存知でしょうか?

カンタンな英語ですのでよく英文のなかで登場しますし、

TOEICでも頻出。絶対に覚えておかなければならない英単語です。

覚えてしまえばTOEICに何度も出てくるので、

大活躍する英単語になってくれるはずですよ!

この記事では、「be supposed to~」の意味を詳しく解説します。

 

「be supposed to~」の意味は?

 

「be supposed to~」の意味は、「~することになっている」です。

 

「be supposed to~」には、

「~すると思われている」

「~する予定である」

「~しないといけない」の3つの意味があるとよく言われますが、

丸暗記は要りません。

 

「suppose」は「思う」

「be supposed to~」の直訳は「~すると思われている」

 

「~すると思われている」ということは、

「予定」「義務」などの解釈もできますよね。

 

「テストで100点をとると思われている」

ということは、

「100点をとる予定」のこともあれば、

「100点を取らないといけない」とも解釈することもできますね。

 

 

「be supposed to~」を使った例文を紹介します!

 

The guest are supposed to arrive at 7 p.m.

(お客様は午後7時にいらっしゃることになっています)

  • 「essential」の意味・使い方を解説!
  • 「attach」の意味・使い方を解説!
  • 「enclose」の意味・使い方を解説!
  • 「make it」の意味・使い方を解説!
  • 「instead」の意味・使い方を解説!
  • 「actually」の意味・使い方を解説!
おすすめの記事
ビジネス英語辞典
「affect」という英単語をご存知でしょうか? 中学校のときに見たことはあったけど、意味までは覚えてないという人が多いのではないかと思うの...
ビジネス英語辞典
「wear」という英単語をご存知でしょうか? 高校のときに見たことはあったけど 意味までは覚えてないという人が多いと思います。 この記事では...
ビジネス英語辞典
「actually」という英語表現をご存知でしょうか? 高校のときに見たことはあったけど 意味までは覚えてないという人が多いと思います。 こ...
ビジネス英語辞典
「attach」という英語表現をご存知でしょうか? 高校のときに見たことはあったけど 意味までは覚えてないという人が多いと思います。 この記...