「be supposed to~」の意味・使い方を解説!

「be supposed to~」という英語表現をご存知でしょうか?

高校のときに見たことはあったけど

意味までは覚えてないという人が多いと思います。

この記事では「be supposed to~」について解説します。

 

「be supposed to~」

 

皆さんは「be supposed to~」の意味をご存知でしょうか?

カンタンな英語ですのでよく英文のなかで登場しますし、

TOEICでも頻出。絶対に覚えておかなければならない英単語です。

覚えてしまえばTOEICに何度も出てくるので、

大活躍する英単語になってくれるはずですよ!

この記事では、「be supposed to~」の意味を詳しく解説します。

 

「be supposed to~」の意味は?

 

「be supposed to~」の意味は、「~することになっている」です。

 

「be supposed to~」には、

「~すると思われている」

「~する予定である」

「~しないといけない」の3つの意味があるとよく言われますが、

丸暗記は要りません。

 

「suppose」は「思う」

「be supposed to~」の直訳は「~すると思われている」

 

「~すると思われている」ということは、

「予定」「義務」などの解釈もできますよね。

 

「テストで100点をとると思われている」

ということは、

「100点をとる予定」のこともあれば、

「100点を取らないといけない」とも解釈することもできますね。

 

 

「be supposed to~」を使った例文を紹介します!

 

The guest are supposed to arrive at 7 p.m.

(お客様は午後7時にいらっしゃることになっています)

 

電子書籍を期間限定で無料で読めます!



私の師匠から受け継いだ、
たった3か月で自動収益の仕組みを構築する方法を公開することにしました。  


このビジネスを取り組むにあたって
才能も人脈もありませんでした。  


もともと極貧だったし、
仕事もトップ層でバリバリこなす方ではありません。


そんな私でも、ビジネスに出会って
少しのあいだだけ真剣に取り組んだところ、
あっさりと人生逆転できました。

そのビジネスを学ぶ過程で、
人を動かす方法や、
戦略を立てる方法、
コンテンツを作って価値を届ける方法など、
雇われの身では学べないことを知ることができました。


その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも資産を手にして活躍できると確信しています。


そして、そういう人間が少しでも増えれば、
一人一人に活気が溢れて、
世の中の価値やサービスが進化して、
世界はもっと良くなると本気で思ってます。


そういった理念から、私がどのようにビジネスに取り組み、
ゼロから仕組みをつくったのか?
その成功体験をこれまではブログやメルマガに書いてきたのです。  


その記事は多くの人に支持をいただき、
このたび書籍化が決定しました。  


あまりに嬉しかったので、
書籍を期間限定で無料で公開することにしました。


ストーリー形式で作っていて、
20分程度でサクッと読める内容なので、
もし興味があれば読んでみてください。
→出版予定の電子書籍「稼ぐビジネス戦略BOX(仮)」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば、受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


もしこの記事が役に立った!と思われたら、
SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です