"The Narrow Road to Oku"『奥の細道』の英訳

この作品は日本人だけでなく、

世界中に多くのファンを持つ名作です。

 

 "The Narrow Road to Oku"『奥の細道』からわかる英語の難しさ

 

とにかく難しいのは、

『奥の細道』の訳からしてふさわしい英語を探し当てるのが難しいということ。

 

ネットで調べると、『奥の細道』の英訳は次のようなタイトル。

"The Narrow Road to the Interior" (Helen Craig McCullough)

"Narrow Road to the Interior" (Sam Hamill)

"Basho's Narrow Road to a Far Province" (Dorothy Britton)

"Back Roads to Far Towns" (Cid Corman and Kamaike Susume)

 

これについて、

ドナルド・キ-ン氏はこう言っています。

 

芭蕉が何を意図したのか我々には知るよしもないが、

これらすべてだったかも知れない。翻訳にまつわる困難が題名の翻訳だけでも分かる。

We shall never know which of these meanings Basho intended; perhaps he meant all of them. The difficulty of translating the title is typical of the whole.

 

題名からしっくりと訳せない・・・

 

本当に日本文学って独特なのですね。

英語の関連記事
  • 『奥』を英語で言うとどう言うの??
  • 奥の細道を英語で読む~ "The Narrow Road to Oku"
  • 「essential」の意味・使い方を解説!
  • 「attach」の意味・使い方を解説!
  • 「enclose」の意味・使い方を解説!
  • 「make it」の意味・使い方を解説!
おすすめの記事
ビジネス英語辞典
「stick」という英単語をご存知でしょうか? 高校のときに見たことはあったけど 意味までは覚えてないという人が多いと思います。 この記事で...